s09zenkei320

  • 1906年(明治39年)
    大分県の麻生観八氏(八鹿酒造)が玖珠郡に鉄道を請願
  • 1914年(大正3年4月)
    鉄道省(現在のJR)は大分と湯平を結ぶ大湯鉄道、大分-小野屋間を買収
    (大分、久留米間の久大線工事が始まる)
  • 1922年(大正11年12月)
    大湯線(久大線)、大分〜小野屋間開通。
  • 1923年(大正12年9月)
    久大線、小野屋〜湯平間開通。
  • 1925年(大正14年7月)
    久大線、湯平〜湯布院間開通。
  • 1926年(大正15年11月26日)
    玖珠郡内最初の鉄道、野矢駅が開通。
  • 1928年(昭和3年10月28日)
    久大線、野矢〜豊後中村駅開通。
  • 1929年(昭和4年4月6日)
    大湯線鬼ヶ瀬〜小野屋間で機関車爆発事故、26名の死傷者を出す。
  • 1929年(昭和4年5月23日)
    日田郡町村会より久大線機関庫設置の請願書を提出  
  • 1929年(昭和4年12月15日)
    久大線、引治、恵良〜豊後森駅開通
  • 1931年(昭和6年)
    恵良〜宝泉寺間工事着工
  • 1932年(昭和7年3月)
    久大線、久留米〜夜明開通
  • 1932年(昭和7年3月2日)
    機関庫誘致第一候補の日田が停車場問題で決着付かず。
    同年、玖珠は全町あげて機関庫の誘致運動開始
  • 1932年(昭和7年9月16日)
    久大線、豊後森・北山田間開通
  • 1933年(昭和8年5月11日)
    機関庫は日田ではなく森駅に決定
    鉄道省の指令により正式な工事認可がおり熊本鉄道建設事務所の手で、同月より工事着工にかかる。
  • 1933年(昭和8年9月20日)
    北山田〜天瀬間開通
  • 1934年(昭和9年9月6日)
    最後の区間、日田、天瀬間の工事が行われる。
  • 1934年(昭和9年11月15日)
    久大線、最後の区間日田〜天瀬間が開通、これにより久留米・日田間の久大西線が全線開通
  • 1934年(昭和9年11月16日)
    豊後森機関庫落成式
    豊後森駅を中心とする森、玖珠歴町始め、久大線関係各地を一丸とした機関庫落成祝賀式開催。
  • 1937年(昭和12年7月)
    恵良〜宝泉寺間開通
  • 1941年(昭和16年12月8日)
    真珠湾攻撃により太平洋戦争が勃発。
  • 1943年(昭和18年9月1日)
    戦時下で鋼材不足のためレールの供出命令があり恵良・宝泉寺間は運転を休止。
  • 1945年(昭和20年8月4日午後2時40分頃)機関庫
    米軍艦載機からの機銃掃射による攻撃で機関区助役、従業員の2名が死亡。現在も機関庫では機銃掃射の痕跡を見ることが出来る。
    ※玖珠町で最初の航空写真は、米軍によって撮影されたという。その写真を見ると豊後森機関庫が写されている。
  • 同年8月15日 日本は「ポツダム宣言」を受諾
  • 1948年(昭和23年4月1日)
    恵良〜宝泉寺間営業再開。
  • 1953(年昭和28年6月)
    九州に居座った梅雨前線により大水害が発生、
    後野上〜引治間の国鉄鳴子川鉄橋と天瀬町川原鉄橋が流出、久大線は1ヶ月間不通となる。
  • 1954年(昭和29年3月15日)
    恵良〜肥後小国間、国鉄宮原線が営業開始。
    宮原線の復活もあって、豊後森機関区内の配備車は25両、職員は217人が勤務する。
  • 1957年(昭和32年)
    宮原線には蒸気機関車にかわってキハ07型3両が導入される。
  • 1968年(昭和43年2月15日)
    未曾有の大雪で宮原線開通以来の運行停止(16〜18日の3日間)。積雪は70cm〜1mに達した。 沿線の各駅で、職員、消防団、沿線住民総出総動員の除雪作業が行われた。
  • 1970年(昭和45年9月30日)久大線全ての無煙化
    蒸気機関車は全て廃止され、新しくディーゼル車が導入さる。同時に旧豊後森駅機関区に幕は下ろされる。
  • 1984年(昭和59年11月30日)
    宮原線の廃線。恵良・肥後小国間(26.6キロ)は赤字路線となり廃線。
    ※宮原線を走った車輌蒸気機関車(C-11型・C-12型・8600型)ディーゼル車(07型・20型)
  • 2009年(平成21年2月6日)
    旧豊後森機関区の扇形機関庫と転車台が経済産業省の近代化産業遺産に認定される。
  • 2012年(平成24年)
    国の登録無形文化財に登録される。
  • 2015年(平成27年6月11日)
    福岡県志免町から譲渡された蒸気機関車29612型を設置。


豊後森機関区/扇形機関庫概要

  • 構造/12本のレールが放射線状に機関庫につながり、車両の方向を手前の転車台(ターンテーブル)で自由に操れる。
  • 建物面積/1785平方メートル、
  • 最盛期 運行本数/40本、車両本数/25両、職員数/217名、乗降客/5000人
    • 豊後森機関区における蒸気機関車形式と配置車両数

1935年 ◆8620形/11両 ◆9600形/6両

1939年 ◆8620形/12両 ◆C12形/2両

1943年 ◆8620形/13両 ◆C12形/2両 ◆C58形/5両

1947年 ◆8620形/7両 ◆C58形/14両

1949年 ◆8620形/11両 ◆C12形/2両

1951年 ◆8620形/14両 ◆9600形/2両 ◆C12形/2両

1953年 ◆8620形/14両 ◆C12形/3両

1955年 ◆8620形/14両 ◆C11形/3両

1957年 ◆8620形/13両 ◆C11形/3両

1959年 ◆8620形/13両 ◆C11形/1両

1961年 ◆8620形/9両 ◆C11形/1両 ◆D60形/3両

1963年 ◆8620形/7両 ◆C11形/1両

1965年 ◆8620形/7両 ◆C11形/1両

1967年 ◆8620形/7両 ◆C11形/1両

1969年 ◆8620形/5両 ◆C11形/1両

1970年 ◆久大線完全無煙化実施

1971年 ◆8620形1両(最後の車両)